トヨタ新型エスティマ 全長・サイズ・価格など。旧型と比較

エスティマに一回は乗ってみたいですよね。 2016年6月6日、TOYOTAの「エスティマ」がマイナーチェンジされました。 どこがどう変わったのでしょうか?わかりやすく比較をしてみました。

マイナーチェンジとは

マイナー‐チェンジ【minor change】 小さな手直し。自動車などの部分的なモデルチェンジをいう。

マイナーチェンジすると、安くなると思っていた私。。。。




何が変わったのか見ていこうか





エスティマ スペック比較

前期モデル

【販売期間】20016年2月~
【排気量】2400cc、2400cc+ハイブリッド、3500cc
【搭乗可能人数】7人、8人
【価格】約310万円~(8人)、315万円~(7人)
【全長】4795mm~4815mm
【全幅】1800mm~1830mm
【全高】1730mm~1760mm
【ホイールベース】2950mm

【燃費】
ガソリン11.6km/L
ハイブリッド18.0km/L

今回

【販売期間】2016年6月~
【排気量】2400cc、2400cc+ハイブリッド
【搭乗可能人数】7人、8人
【価格】約431万円~(8人)、約435万円~(7人)
トヨタTOYOTAエスティマ新旧比較三代目燃費3500ccどっちオススメ口コミ違い
【全長】4800mm
【全幅】1820mm
【全高】1760mm
【ホイールベース】2900mm

【燃費】
ガソリン11.6km/L
ハイブリッド18.0km/L

トヨタセーフティライセンスC(自動ブレーキサポート衝突軽減システムのこと)標準装備

そして、旧エスティマではオプションだった「トヨタセーフティライセンスC」が、新モデルでは標準装備になったという点が大きなポイントです。 しかし価格が新モデルの方が15万円ていど高くなっている

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする