落ち葉は肥料になる?肥料に向いてる植物と堆肥の作り方は?

落ち葉って肥料になる。って昔からよく耳にしますよね。

デモデモ、秋になると家では落ち葉を回収して捨ててるよ




実は肥料として使えるんだよ





落ち葉で肥料や堆肥になるって本当?

落ち葉などで堆肥を作ることで、わざわざ堆肥を買うこともなく、節約になるよね。


うん。堆肥を買っていたお金で違うもの買えるようになるね。




作り方 作り方は落ち葉や雑草、ワラなどと一緒に 乾燥鶏糞と米ぬかを均等に重ねて行きつつ 合間に水を加え、固めて行きます。 蓋があればそのまま蓋をし、 ない場合には板を乗せて上からビニールを被せます。 そのまま1週間程置いたら下の方からかき混ぜて、 適度に水分を加えて2週間置きに混ぜて行きます。 中は微生物の生産によって60~80度になりますが、 温かいのは堆肥が順調に出来ている証拠です。 発酵がうまく進んでいない様であれば 発酵剤を混ぜ込むのもおすすめです。

落ち葉で肥料にするには

本当に肥料になるの?




肥料にするには、微生物の働きが重要なんだよ。




動物性の糞(鶏糞や牛糞など)を混ぜて、発酵させることで肥料になるんだよ。




動物性の糞って手に入らないよねwww




そこでだ。腐葉土を代用品として使うんだよ。




堆肥にむいていない植物

クヌギ、ナラ、ケヤキ、ポプラ、もみじ、カエデ、レンギョウ、ムクデ、紫陽花、ユリノキ、ムクノキ、プラタナス、オオムラサキ、マツ、ヒノキ、スギ、サクラ、柿の木、イチョウ

落ち葉を使った堆肥の作り方

1.堆肥を製造する場所を確保 地面に穴を開けて作るか、堆肥ポットや堆肥枠などで確保 60~80度の耐熱性が必要です。 2.堆肥にする落ち葉や野菜クズ、雑草や稲などと一緒に、腐葉土と※醗酵剤を入れます。 ※容器の中で4~5層程度で積み重ねていくのですが、ポイント 3.水をかけながら踏み固めるのがポイント! 4.満タンになったら容器に蓋をします。蓋のない物は板などで蓋をし上からビニールをかけて 重石をして1週間ほど放置します。 5.かき混ぜます。このとき発酵剤も追加。 ※乾いている様であれば水を加えます 6.その後は2週間ほど同じ事を繰り返し、堆肥なら2~3ヶ月、肥料なら半年ほどで完成です。

え。めんどくさい




時間とお金。どっちを取るかは人それぞれね





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする