iCloudのパスワード流出!症状や対策と過去の被害

海外ニュースサイトCSO Onlineが報道し世界のアップルユーザーが震撼する出来事がまた起こってしまいました。

えっ何が起きたの?




iCloudのパスワードが流出した可能性があるとニュースで出たよ




アップル製品使ってないから問題なし!!




とりあえず、このニュースを紹介していくよ





何が起きたのか?

iCloudのパスワードが4000万件分流出していた可能性があるんだ。そして、老舗アンチウイルスソフトメーカーのカスペルスキーもAppleユーザーに対して警告を発しているんだよ。




あのカスペルスキーも言っているんだからヤバイにおいがプンプンするね。




そうなんだよ。事例として、iPhoneやiPadなどのApple端末を人質とし、身代金を要求する事態も報告されているんだよ。




(´゚д゚`)






iCloudのパスワード流出による症状

前途で述べましたがiPhoneやiPadなどのApple端末を人質にされるという事件が報告されています。 事例:Apple端末をロックされた場合、3000円〜5000円の身代金を要求される

なんでそんな犯行ができるの?




入手したiCloudのパスワードと「iPhone、iPad、Macを探す」アプリを利用し、端末を「紛失モード」にしてしまうというものなんだ。




一度でも紛失モードになると、Apple端末がロックされて内部のデータにアクセスできない状態なってしまうんだよ。




ほうほう




犯人はこれを利用し、『解除してほしければ金を払え』とユーザーに要求してくるのです。




怖い世の中だね(゚д゚)!




対策はあるのか

端末を乗っ取られないためには何かしておくべきことってある?




今からパスワードを変えることが第一だよ。




パスワードを変更しておけば、流出したパスワードは使えなくなるので、Apple端末を守ることができるね。




自分の身は自分で守ることが大事だね




あと言うことは、出来るだけパスワードを強固にしておくべきだね。 例えば、長いパスワードね




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする